ニュース一覧

NGO/NPO法人

地域医療国際支援センター
地域医療医師研修 医師募集
【目的】国内外の地域医療を医療、保健の視点から学び、実践することで地域に貢献する。
【プログラム内容】国内外の地域医療を開始するにあたり必要な知識、経験、スキルを実地で学ぶ機会を得られます。余市病院では、病棟、外来、救急の勤務を通して、地域の病院における医療の流れを学び、救急蘇生、緩和ケア等の基本的な知識、技術を習得するよう支援を行います。タイの地域の病院はプライマリケア、2次医療を学ぶ上で魅力的な研修が可能です。タイの地域医療研修では、病院、往診、フィールドに参加して現地の問題を肌で感じてもらいます。また、各種セミナー、研修、スタディツアーを通して、海外での医療、保健を見据えたキャリアのスタートとして貴重な経験を積むことができます。
■ 募集要項はこちら→ Glocal Doctor Program
地域医療国際支援センター
地域医療看護師研修 看護師募集
【目的】国内外の地域医療を医療、保健の視点から学び、実践することで地域に貢献する。
【プログラム内容】国内外の地域医療を開始するにあたり必要な知識、経験、スキルを実地で学ぶ機会を得られます。余市病院では、病棟、外来、救急の勤務を通して、病院における看護の流れを学び、講習会で救急蘇生、緩和ケア等の基本的な知識、技術を習得するよう支援を行います。訪問看護に関しては経験のある連携病院で経験することができます。海外の医療、保健は、各種セミナーや研修、スタディツアーを通して、海外での医療、保健を見据えたキャリアのスタートとして貴重な経験を積むことができます。
■ 募集要項はこちら→ Glocal Nursing Program
平成30年度入試 募集要項
長崎大学 熱帯医学・グローバルヘルス研究科
http://www.tmgh.nagasaki-u.ac.jp/application_details/application_documents?lang=ja
タンザニア移動図書館
ウフルー号プロジェクト
サポーター募集
現在NPO法人Class for Everyoneでは、タンザニア農村部に本を届け、健康教育を行う移動図書館プロジェクトを実施中です。その図書館となる車の購入に、Readyforでファンドレイジングをしております。タンザニアには州に一つしか図書館がなく、学校では5-6人で顔を寄せ合って教科書を眺めている状態で、教科書を普通に読んで読み書きの力を伸ばしたり、熱中する児童書を見つけて読みふけることで情緒を育てたり、将来のために情報を探して勉強をするなどの環境が全くありませ日本の子どもたちのように、将来お医者さん/看護師さんになりたい、研究者になりたい、地域の人たちのために活動したい、そういった夢を持って、実際に活躍できる人材を育てるため、またそうした子どもたちが、自分の健康や安全を守れるようにするために、本を届けたいのです。そうした子どもたちや地域の「自立」を願い、スワヒリ語「自立(ウフルー)」を用いて、「移動図書館ウフルー号プロジェクト」と名付けました。
また、本NPOの特色として、タブレット教材も図書館に乗せ、現代のアプリケーションや耐久性の良い電子ブックからも学ぶことができるようにしています。対象地区には約2万人の子どもがおり、村々を回りながら、子どもたちに学ぶ機会を届けます。ぜひReadyforのページにアクセスして詳細を見ていただき、ご賛同いただける方は、サポーターになっていただけましたら幸いです。またお問い合わせは、Class for Everyone (uhuruc4e@gmail.com)、もしくはfacebookページ(https://www.facebook.com/class4every1)よりご連絡ください。
https://readyfor.jp/projects/uhuru_mobile_library/

【ネパール地震緊急支援】 とちノきネットワーク関連の団体の活動情報です。募金活動にご協力をお願いします。

アジア保健研究所(AHI) 4月25日にネパールで発生した大規模な地震、日を追うごとに、被害者の人数が大きく増えていくことに胸を痛めていらっしゃる方も多いだろうと思います。AHIもネパールの元研修生と連絡を取りながら、情報を集めています。元研修生たちは、様々な救援活動を始めようとしていますので、そういった動きを支えるための募金活動を開始します。ご協力をお願いします。
http://ahi-japan.sakura.ne.jp/xcl/modules/xpress/2015/04/27/nepalfundraising/
認定特定非営利活動法人AMDA AMDAではネパール中部地震の被災者に対して、AMDA多国籍医師団を結成して緊急医療支援活動にあたっている。5月10日、AMDAカナダ支部の医師1名がカトマンズに到着した。さらに第5次医療派遣チームの一人で、ネパール在住の理学療法士1名が、カトマンズでAMDAネパール支部と合流した。トリブバン大学教育病院にて骨折手術後の患者のリハビリにあたる。このトリブバン大学での医療支援に含み、現在AMDA多国籍医師団は5チームに分かれて各地で活動を行っている。
http://amda.or.jp/articlelist/
国境なき医師団(MSF) 地震被災地に医療援助チームを追加派遣。現在の活動内容は、MSFのホームページにてご確認ください。
http://ahi-japan.sakura.ne.jp/xcl/modules/xpress/2015/04/27/nepalfundraising/
特定非営利活動法人TMAT TMATのネパール大地震医療支援活動は、TMATのホームページにてご確認ください。
http://www.tmat.or.jp/
NPO法人どさんこ海外保健協力会 ネパール地震被害支援活動にご協力をお願いしますNPO法人どさんこ海外保健協力会は1994年に設立され、以来、ネパール、カンボジア、東日本大震災の被災地に医療従事者を派遣し、地域保健の活動を行っています。ネパールでは2011年より楢戸健次郎医師を派遣し、ネパール西部の農村地域にある病院での公衆衛生活動の支援をしております。4月25日ネパールを襲った地震により首都カトマンズを中心に多大な被害が伝えられています。当会ネパール駐在員の楢戸健次郎医師は、日本に一時帰国中であったため、27日にネパールへ出発し、28日よりカトマンズにて情報収集と各機関との調整をはじめ、災害支援のコーディネートを始めました。
http://homepage3.nifty.com/hope-dosanko/nepalearthquake.html
【ネパール語指さしフレーズ集~医療支援編(第3版)~】
ネパール地震発災後に、とちのき世話人の坂本およびネパール関係者で作成した診療補助資料です。「体の部位」「症状」「検査指示」「処方指示」「診察」「診断」「問診」編があります。ネパールの現場での診療活動にご活用ください(PDF添付)。
↓ ネパール語指さしフレーズ集~医療支援編(第3版)~は下記ダウンロードボタンから
ネパール語フレーズ
【ネパール語指さしフレーズ集~医療支援編(第4版)~】
↓ ネパール語指さしフレーズ集~医療支援編(第4版)~は下記ダウンロードボタンから
ネパール語フレーズ
病院
国立国際医療研究センター 常勤医師募集 http://kyokuhp.ncgm.go.jp/org/recruit/20170412155834.html
外務省 外務公務員医療職募集 http://www.mofa.go.jp/mofaj/ms/h_w/page4_001670.html
地域医療国際支援センター 地域医療研修 医師募集 http://cicmt.com/
地域医療国際支援センター 地域医療研修 看護師募集 http://cicmt.com/
外務省共済組合診療所 歯科医師募集 http://www.mofa.go.jp/mofaj/ms/h_w/page4_001377.html
医療法人財団 愛泉会 愛知国際病院 http://aisen-kai.jp/05sonota/recruit02.html
余市協会病院 地域医療国際支援センター http://cicmt.com/training.html